月極駐車場という手段

遊んでいる土地を有効に利用する手段として、駐車場にするという方法があります。
上物を建て、家賃収入を得るという手段もあるのですが、上物を建てる際には高額な建設費用が必要になります。
また建設費用に比例して家賃収入も上がっていくのですが、建築物は老朽化していきます。
維持や修理に必要な費用もまた、家賃収入が多ければ多いほど上がってしまうのは、当然といえます。
元手を準備でき、高額な家賃に見合う場所に建てることができれば、上物はかなりの収入を得ることができますが、それ相応のリスクは背負うことになります。


駐車場はその点、資本が少なくとも可能です。
最近ではコインパーキングが流行っていますが、コインパーキングはその性質上資金が必要になります。
空いていれば誰もが停められるのですが、料金はその度に支払われます。
それを管理するための機械が必要になるのは、当然といえるでしょう。
月極駐車場は、お金はほとんどかからないケースから高額なケースに至るまで、かなりの差があります。
舗装さえせずにロープで停める場所を指定し、看板だけだしている駐車場などはお金はほとんどかかっていません。
それとは逆に舗装や車止め、白線によるマークは当然として、屋根や壁などで周りから遮り、カメラなどの防犯設備が整っている駐車場などは設備にかなり投資することになります。
月極駐車場の収入は上物の家賃収入と同様に、土地の価格、利便性、設備費用に比例して上がってくるのはいうまでもありません。


≪Special Link≫
都内で空きのある月極駐車場を探せるサイトです ⇒ 月極駐車場 空き